がんばります福島県農業!二本松農園ブログ

全国の皆様の応援をいただきながら風評被害と戦っています。~「助けたい」が経済を支えようとしています。~

風評被害の現状(福島県)

はっきり言ってまったく改善されていません。
福島県から外に向かう流通ルートは、ことごとくストップしています。
従って福島県内で流通させるしかないのですが、もちろんダブツキ気味で野菜の価格は半額程度に下落しています。
先日、私は新宿にあるデパート等3店舗における、デパ地下の野菜売り場に伺い、責任者の方と直接話しをしてきましたが、福島県野菜がほとんど陳列されていない状況について「卸し、バイヤーが福島県野菜を取り扱っていない。従って陳列したくても入手できない。この状況は長く続くのではないか。」という話しでした。
もう、福島県野菜の流通が止まってから2ケ月になります。これから夏野菜の時期を迎えると、さらに危機的な状況となります。特に大規模農家の経営はギリギリのところまで来ています。
従って、当農園と提携している20の福島県農家の経営をなんとか支えるため、当面次のような方針で臨む考えです。

1 インターネット販売をさらに充実させる。
2 首都圏等における臨時(イベント等)の販売をできるだけ積極的に行っていく。特に、川崎アゼリア、赤坂サカスにおいては毎週末継続的に実施。
~これには、首都圏における「福島県野菜の販売ボランティア」のご協力を得たい。~
3 農家が協力して2ケ月程度の「福島県野菜のチャレンジショップ(仮称)」をオープンさせる。設置場所のイメージは、生活圏である、吉祥寺、埼玉県大宮・川越・和光付近、千葉県市川市の計3店舗。
~どなたか、これら地域において空店舗などございましたら教えてください!~
ぜひ、首都圏のみなさまご協力をお願いします。福島県農家を助けてください!

平成23年5月12日
二本松農園 代表 齊藤登

★「ボランティア」「空店舗」に関する情報は、私のメール s@farm-n.jp までお願いします。





スポンサーサイト
  1. 2011/05/12(木) 07:27:51|
  2. 震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<「被災地支援券」(福島県野菜を被災地に送る)をはじめます。 | ホーム | 震災から2ケ月がすぎました。>>

コメント

暫定基準値

突然の東電の原発災害にあわれて気の毒だとは思いますが、チェルノブイリ周辺では、1キロ当たり37ベクレル以上の食品は子供に絶対に食わせなかったにも関わらず、それでも多数の健康被害者が出てるんです。
直接体内に取り込む内部被曝は数値×3~4での計算です。
子供は30歳に対して放射線の被害は約4倍です。

日本の海外の暫定基準値
福島原発は元々1基で広島の原爆400~700発分以上の核を燃やしていて、それが4月まででも少なくとも40発分は放出されているんです。今でもまだ大気中に出続けています。福島の農家の人達は安心して孫に食べさせられますか?

貴方達に少しでも良心が有るのなら日本の未来の為にちゃんと東電・政府と戦って引越し代等東電に保証してもらって九州や北海道で農業を再開して全国に安全な野菜を提供してください。私は関東住みですが、西日本・北海道など関係ない土地の人達にまで被害を広げないであげてください。
貴方達の健康の為にもです。
せめて、売る時に商品にちゃんとセシウム○○ベクレル含まれますと公表して消費者が選べるようにしてください。今の様なことを続けている限り、国際社会でも信用されません。日本の野菜とひとくくりにされる西日本の農家の人達こそ本当の風評被害です。

3年後、甲状腺癌等になった人達から訴えられる覚悟は有るのですか?

「被曝のリスクは低線量に到るまで直線的に存在し続け、しきい値はない」
http://www.youtube.com/watch?v=w4YYtHnvmcc#t=6m39s
欧州放射線委員会が福島原発事故の予想死亡者数:40万人以上と発表
日本語訳
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/nuclear/articles/LLRC_110401_417000_cancers.html

■福島原子力補償相談室(コールセンター)■
 電話番号  0120-926-404

  1. 2011/05/20(金) 11:52:27 |
  2. URL |
  3. #RQ0Biqcc
  4. [ 編集 ]

このボランティアツアーは素晴らしい企画だと思います!
多くの人たちが、気軽に現地でボランティアが出来ますように

でも福島の野菜を売るのならば、上記のコメントにもあるとおり、
必ず放射線量を測定し、それを記載して売ってもらいたいです。
どんなに美味しくても、放射能汚染された野菜を食べると
内部被爆し、放射能は永遠に体内にとどまります。
25年前のチェルノブイリ原発事故では、原発から遠くても
それが原因で癌や白血病になった人が数多くいます。
  1. 2011/06/06(月) 00:39:16 |
  2. URL |
  3. #T5cQRYBo
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/06/09(木) 09:46:16 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nihonmatufarm.blog65.fc2.com/tb.php/175-260f0f33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

二本松農園

    follow me on Twitter

    月別アーカイブ

    プロフィール

    福島県二本松市の里山ガーデンファーム・二本松農園です。 長年きゅうりを作ってきましたが、2010年4月からWEBショップ、きゅうりもぎ取り体験も始めました! ブログ担当スタッフSは福島初心者です。 日々の発見を綴っていこうと思います。

    【福島県】里山ガーデンファーム 二本松農園 代表 齊藤登

    Author:【福島県】里山ガーデンファーム 二本松農園 代表 齊藤登
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    カテゴリ

    レシピ (13)
    二本松農園 (182)
    未分類 (28)
    震災 (230)
    被災地支援きゅうり (94)
    仮設住宅 (1)
    取材 (4)
    ネットショップ (72)
    イベント (19)
    がんばろう福島、農業者等の会 (40)
    NPO法人福島県有機農業ネットワーク (4)
    お客様からの声 (3)
    たくの実 (5)
    スタディファーム (15)
    福島県の知識 (1)
    3Fシステム (1)
    オックスファム トレイルウォーカー (1)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR