がんばります福島県農業!二本松農園ブログ

全国の皆様の応援をいただきながら風評被害と戦っています。~「助けたい」が経済を支えようとしています。~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

長崎北徳洲会病院祭2011.10.16

10月16日(日)長崎北徳洲会病院で病院祭が開催され、そこに二本松農園も出店させていただきました。
その様子を送って下さいました。 
 
vcm_s_kf_m160_160x106.jpg vcm_s_kf_m160_160x106_20111018140410.jpg vcm_s_kf_m160_160x106_20111018140701.jpg

”果物から先に売れていきま​した。福島産販売コーナー完売です。”

vcm_s_kf_m160_160x117.jpg vcm_s_kf_m160_160x119.jpg vcm_s_kf_m160_160x136.jpg

”「この椎茸も福島産?」
「はい、そうです。」
「中国産より福島の方が安全よね。」
ご購入ありがとうございました!

これが長崎市民の良識ある判断。

福島産フェアって、知っとらすとよねぇ。完売、お疲れ様​でした。”


お忙しい合間を縫って病院祭のために、福島野菜をご購入下さり、はるか長崎でもこうして福島の農家を応援してくださったのだと思うと、感無量です。音頭を取って下さった鬼塚先生、ありがとうございました!

なお、長崎北徳洲会病院脳外科の鬼塚先生より、以下のコメントが送られてきました。
今回無事に完売でき嬉しく思います。二本松農園の皆さんには感謝申し上げます。拙ブログにコメントを頂く方には以下のように対処しています。参考までに。

Q:長崎北徳洲会病院独自に放射能検査されたのでしょうか? 浅見真規

A: 二本松農園には悪いのですが、当院でも線量計を用いて測定しておりますのでご心配なく。μシーベルトの単位で問題ある検出結果はありません。

さて、花崗岩が自然放射能が高く、かなり多量のγ線を放射します。その為に、飛騨地方とか中央構造線に沿った西日本(四国や瀬戸内海沿岸)など、花崗岩質の地盤の地域は高線量となります。こうした花崗岩質の地域では、年間1ミリシーベルトを超える自然放射線の被曝があります。飛騨山地を中心とする地域や中国四国地方、そして九州北部などが高線量の都道府県となっています。

なお当然ながら、一つの都道府県の中でも地質的に均一ではありませんので、1ミリシーベルト以下の都道府県でも局所的に高線量の場所はあります。岡山県の倉敷市(児島半島)や広島県尾道市近辺、また山口県の柳井市近辺などの花崗岩地帯は、放射線量の高い岩質で局所的な高線量地帯(ホットスポット)として、地質学の教科書にも載っているぐらいです。----
早瀬一一( はやせか ずいち)
花こう岩中のウランの存在状態. ウラン、その資源と鉱物. 朝倉書店(1961)

これらの地域では、局所的に年間3~4ミリシーベルトを超える被曝量となる地点もあり、福島県内や栃木県の一部など、福島原発の汚染で高線量被曝が懸念される場所より、局所的には高い線量になります。

原発由来の人工放射性物質による放射線被曝と、自然界に昔から存在する自然放射線による被曝も、人間や生物に対する放射線障害の影響度としては変わりありません。福島産の野菜や果樹の危険性を言うなら、当然ながらこうした岡山県倉敷地方や、瀬戸内海沿岸部の花崗岩質地帯の農産物も忌避すべきなんでしょうか。
常識的に考えて結論はNoでしょう。


二本松農園

スポンサーサイト
  1. 2011/10/18(火) 14:32:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<被災地支援「NPO法人あさがお」へ発送2回目2011.10.25 | ホーム | 被災地支援やさい・くだもの「NPO法人あさがお」向け発送2011.10.15>>

コメント

今どき「〇〇は福島より高線量だから安全です」というような爆破弁が大好きな御用学者は流行りませんよ?
安全なら除染する必要なんかありませんよね?
安全なら避難する必要もありませんよね?

どうして除染しているのかを考えたら危険性は幼稚園児でも分かるのではないでしょうか。
  1. 2011/10/21(金) 00:42:11 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

ひどい、ついに長崎県まで…!
あなたたちの金儲けのためにセシウム野菜で未来ある子供たちの健康と生命を奪われるわけにはいかない。
勘違いしないでほしい。我々の慈悲は憎むべき敵のための慈悲ではない。
もし、私たちの街や教区で低レベル放射線物質を拡散しようとしたら、いかなる手段をもってしても食い止めてみせる。
そのためには、血を流すことも厭わない!ただし、その時に流れる血は私たちの血では断じてない!
重ねて勘違いしないでほしい。私達があなた方を傷付けて血を流すのではない。
あなた方が、あなた方の強欲さと残忍さゆえにあなた方自身を傷付けて血が流れるのだ。
  1. 2011/10/21(金) 12:25:35 |
  2. URL |
  3. #dPPT3HLQ
  4. [ 編集 ]

何を根拠に安全って言い張ってるのかがわからんわ。ベラルーシの原発事故の影響をどう説明するんだよ。チェルノブイリにならうと今後日本でも福島以南は奇形だらけになるんだぞ?
  1. 2011/10/21(金) 23:25:26 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

非常に下らないコメント

食べるのがいやなら買わなきゃいい話です。
産地偽装してるとか、「食べなきゃ非国民!」とか言われてるんですか?違うでしょ?
産地も明らかにしてるし、強制もしていない。
匿名だからどうせ身元バレしないだろ、みたいに好き勝手言ってるようですが、調べようと思えば調べられますよ。
こんな所でくだらな過ぎるコメント書いてる暇があったら、そもそもの張本人である国と東電に直談判しに行けば?

ちなみに自分は中国の屋台と、中国の青空市場で売ってるものは買いません。怖いから。
  1. 2011/10/26(水) 08:43:34 |
  2. URL |
  3. はわい #KpEqugos
  4. [ 編集 ]

>>はわい
は?なんで東電が福島産の高レベル放射線野菜に関係あるんですかっ!?
そもそも、食べて応援(笑)だの風評被害ガー(笑)だの、たわけきったロジックで毒野菜を売れと、東電が福島の百姓共に命令したんですか?
そういう強制をしたのは民主党だし、そもそも原発を意図的に破壊したのは民主党でしょ?

はっきりいいます。
今回の事案の加害者は、福島の百姓共と、民主党、そしてあなたのようなテロリストのシンパだけです。

もし自民党に大政奉還されたら、あなた方は必ず裁判に掛けられるでしょうね。

今のうちに中国か韓国に亡命したらどうです?あなた方の親玉だった菅直人や、「中国の族議員」を自称する蓮鵬はもう地下でそういう働きかけにはいってますよ?
  1. 2011/10/26(水) 20:55:24 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

久しぶりにのぞいてみました。
日本のあちこちに応援してくださる方々がいる事実、うれしいです。
震災からこちら、放射能に関する様々な論争をみて、とても不思議に思うことが多くなりました。
それは、どのような生き方、死生観で生きているのだろう、ということです。
お金ならいくらでもあったはずの有名人が50代で亡くなっている事実。放射能が無いときには子どもや大人で病気で無くなる方はいなかったのですか?障がいを持って生きている方はいなかったのですか?
健康というのは放射線の影響だけで決まるのですか?
そんなことはないことはわかっていますよね。
さまざまなリスク要因による損失余命日数は
 未婚の男性    3000日
 男性の喫煙    2590日
 お酒の飲みすぎ  365日
 喫煙者と結婚    50日
 放射線業務従事者 23日  です。
生きる上では様々なリスクが存在します。それを少しでも少なくしたいという心情もわかります。が、恐怖心と敵愾心に支配され、毒の言葉を吐いて過ごす一日よりも、人のために行動し、新鮮な野菜をおいしいと感謝していただく毎日の方が、よほど幸せだし、結果的には心と身体の健康にもいいと思います。
  1. 2011/10/26(水) 21:44:47 |
  2. URL |
  3. poporin #-
  4. [ 編集 ]

>A: 二本松農園には悪いのですが、当院でも線量計を用いて測定しておりますのでご心配なく。μシーベルトの単位で問題ある検出結果はありません。

どのような計器を使ってどういう値が出たのでしょうかね。お医者さんのやることとは思えない。
  1. 2011/11/05(土) 22:30:17 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nihonmatufarm.blog65.fc2.com/tb.php/330-d75817e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

二本松農園

    follow me on Twitter

    月別アーカイブ

    プロフィール

    福島県二本松市の里山ガーデンファーム・二本松農園です。 長年きゅうりを作ってきましたが、2010年4月からWEBショップ、きゅうりもぎ取り体験も始めました! ブログ担当スタッフSは福島初心者です。 日々の発見を綴っていこうと思います。

    【福島県】里山ガーデンファーム 二本松農園 代表 齊藤登

    Author:【福島県】里山ガーデンファーム 二本松農園 代表 齊藤登
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    カテゴリ

    レシピ (12)
    二本松農園 (177)
    未分類 (26)
    震災 (230)
    被災地支援きゅうり (94)
    仮設住宅 (1)
    取材 (4)
    ネットショップ (72)
    イベント (16)
    がんばろう福島、農業者等の会 (40)
    NPO法人福島県有機農業ネットワーク (4)
    お客様からの声 (3)
    たくの実 (5)
    スタディファーム (15)
    福島県の知識 (1)
    3Fシステム (1)
    オックスファム トレイルウォーカー (1)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。