がんばります福島県農業!二本松農園ブログ

全国の皆様の応援をいただきながら風評被害と戦っています。~「助けたい」が経済を支えようとしています。~

安島(あじま)農園 田んぼのオーナー大募集 ~自分で食べるお米は自分で作るインいわき 有機栽培の米作り~

有機水田で、自分で食べる有機米を自分で栽培する。これは、究極の安全と楽しみです。
福島県いわき市の安島農園は、長年にわたり、有機米を含む10ヘクタールもの米を栽培してきましたが、「消費者に自分で米をつくる楽しみを味わって欲しい」「消費者と農家が直接結びつきたい」との思いから、『有機水田のオーナー制度』を始める事にしました。
安島農園では、オーガニックコットンの栽培も行っています。2014年、そのボランティアさんたちに草取りや稲刈り体験をしていただいたら、大変楽しく喜んでいただきました。その体験から農家と消費者のコミュニケーションが取れれば、もっと楽しく農業ができ、しかも自分で手掛けたお米ならば、安心して食べることができるのではないかと企画したものです。
有機栽培の原点は「自分で食べる物はやっぱり農薬を使わない安全な食べ物を作りたい」から始ったと言われています。そのようなあなたの望みが叶います。
ぜひ、2015年春から、あなたも有機水田で米づくりを始めませんか!

安島農園代表 安島美光
azima1.jpg

【オーナー募集の内容】
➀お客様は、安島農園から希望の区画数の田んぼを、料金を払って借り受け、オーナーとなります。農作業は安島農園で行い、希望の作業のみ体験できます。収穫されたお米はすべてお客様にお届けいたします。
ご家族と、友人と一緒に、恋人と、いろいろな仲間で稲つくりを体験すれば、わくわくと楽しく、そしてもっと食に興味が持てるようになります。
②オーナー料金
1区画(1アール:100㎡)あたり、5万円(税・米の送料を含みます。)
オーナーの期間は、1年間。(2015年4月から2015年10月までのお米栽培の期間)
③オーナー制度区画数(募集区画数)
2015年度は30区画で締切です。
④田んぼの場所福島県いわき市山田町
➄栽培方法
有機栽培。
有機栽培は3年以上農薬・化学肥料を使用しないほ場で作られた農産物を言います。ちなみに、今回のオーナー制度実施ほ場は7年間無農薬栽培を行ってきた田んぼです。
⑥栽培品種コシヒカリ
⑦農作業田植え⇒6月初旬 田の草取り⇒6月中旬から下旬 稲刈り⇒10月初旬
・作業日は農園から連絡が行きます。
・これらの作業は体験的にオーナー様がご希望の作業を行うことができます。忙しくて作業に来れなくても大丈夫です。
・作業の道具は何も必要ありません。ただし長靴、田植え用長靴は必要。子供さんは裸足でも大丈夫。
⑧収穫したお米
収穫を終え玄米になったらいつでもオーナー様の元へ配送いたします。1年間保管し5kgくらいづつ配送可能。オーナー料金には、これら保管料・送料(最大8回)も含まれています。
⑨オーナー様の特典
その田んぼで収穫したお米1区画40kgを最低保障します。(精米で36kg)
⑩27年度申し込み締め切り
2015年3月31日(お申込みが30区画に達した場合は、その時点で募集終了となります。)
第1回目打ち合わせ会(説明会)が3月中旬予定ですのでできるだけそれまでに申し込みいただければと思います。
⑪お問い合わせ
申し込み前に現地確認や質問などが有れば安島農園までメール・FAX・TEL等で納得いくまで確認できます。
安島(あじま)農園  安島美光
福島県いわき市山田町林崎153-1
  E-mail iide-ajima@cure.ocn.ne.jp
TEL/FAX 0246-63-3896
携帯 090-5597-7313
⑫お申込み
 すべて、提携する
 農業生産法人 二本松農園のwebショップ「里山ガーデンファーム」
 http://www.nihonmatsu-farm.com/
 からのお申込みとなります。
オーナー料金5万円については、商品名『安島(あじま)農園 田んぼのオーナー券~自分で食べるお米は自分で作るインいわき 有機栽培の米作り~  』
をご購入ください。クレジット・コンビニ支払が可能です。
⑬スケジュール
◆webショップから申し込み
◆オーナー証発行(安島農園) 
◆現地説明会(安島農園)
田んぼの確認・水利の確認・肥料の確認・作業の確認、有機栽培の説明など。
(都合のつく方は安島農園までお越しいただきます)
◆田植え(安島農園)
日程は農園で決めますのでご都合により参加できます。
1枚30aくらいの田んぼに入り、手で植えたり、田植え機の操作も希望によりやっていただきます。
◆草取り(安島農園)
機械除草も行いますが、手取り除草は収穫に多きな影響があります。
多くのオーナー様に頑張っていただきたいと思います。
◆稲刈り(安島農園)
刈取り作業は基本的にコンバインによる機械作業です。機械操作の体験も可能です。
お子様がいらっしゃる場合など、鎌で刈り取る作業を行っても結構です。
◆お米の発送(安島農園)
メール・FAXなどで安島農園にご連絡くだされば、随時発送いたします。
友人・親戚などへの発送も可能です。

※ 栽培期間いつでも田んぼを見にくることは可能です。その場合は必ず安島農園にご連絡してからお願いします。

さあ、あなたも有機田んぼのオーナーに
お申込みは、こちらのwebショップから。
http://www.nihonmatsu-farm.com/

azima5.jpg
azima6.jpg
azima7.jpg
azima8.jpg





  

スポンサーサイト
  1. 2014/12/08(月) 01:19:40|
  2. ネットショップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<会津湯川村のコシヒカリ | ホーム | 雪景色>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nihonmatufarm.blog65.fc2.com/tb.php/605-c7bfeebf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

二本松農園

    follow me on Twitter

    月別アーカイブ

    プロフィール

    福島県二本松市の里山ガーデンファーム・二本松農園です。 長年きゅうりを作ってきましたが、2010年4月からWEBショップ、きゅうりもぎ取り体験も始めました! ブログ担当スタッフSは福島初心者です。 日々の発見を綴っていこうと思います。

    【福島県】里山ガーデンファーム 二本松農園 代表 齊藤登

    Author:【福島県】里山ガーデンファーム 二本松農園 代表 齊藤登
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    カテゴリ

    レシピ (13)
    二本松農園 (182)
    未分類 (28)
    震災 (230)
    被災地支援きゅうり (94)
    仮設住宅 (1)
    取材 (4)
    ネットショップ (72)
    イベント (19)
    がんばろう福島、農業者等の会 (40)
    NPO法人福島県有機農業ネットワーク (4)
    お客様からの声 (3)
    たくの実 (5)
    スタディファーム (15)
    福島県の知識 (1)
    3Fシステム (1)
    オックスファム トレイルウォーカー (1)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR