FC2ブログ

がんばります福島県農業!二本松農園ブログ

全国の皆様の応援をいただきながら風評被害と戦っています。~「助けたい」が経済を支えようとしています。~

連載「二本松農園の1000日」(第3話)

amazon.jpg
2014年に発刊したこの本ですが、このたび、二本松農園代表齊藤登のブログで連載させていただくことにしました。2011年に発生した東日本大震災により、福島県農業は、放射能対策や風評被害で大きな影響を受けましたが、
実際、福島県の農業現場で、どのような事が起きていたのかは、なかなかまとまったものがありません。
この本は、福島第一原発から50km、二本松.農園がこれらにどのように取り組んできたかを農業者の立場から
ありのままに書いています。
これをご覧いただくと、福島県農業はもとより、広く消費者と農業者との関係、日本の農業の未来も見えてくるような気がします
。ぜひ続けてご覧ください。2019年1月10日から連載開始です。


★全部いっぺんに読みたい方は、アマゾンで電子書籍として販売しています。アマゾンで「二本松農園」で検索
★福島県の農産物を「買って・食べて応援」したい方は、次のネットショップをご利用ください。
福島県内54の農家で直接運営 
里山ガーデンファーム
http://www.nihonmatsu-farm.com/



第1話

第2話

第3話

(放射能との戦い)
このように、ネットショップを通じ、全国の皆様に応援買いで助けていただいた。
絶対、基準以上の放射能を含んだ農産物をお送りすることはできない。今でこそ、福島県内に数百の食品放射能測定所があり、すぐに測定できるようになったが、震災直後から6ケ月間ぐらいは、この体制がなかった。どうしていたかというと、県の行う地域ごとのピックアップ検査に頼っていたのである。たとえば、きゅうりであれば、二本松市内で5~6か所程度選定し、検査を行い、基準以上の放射能が検出されると、その地域全体がその野菜について出荷停止になる。特に、露地の葉物野菜やブロッコリーなどは数か月間出荷停止が続いた。
6月になると、いよいよ露地もののきゅうりが出てくる。二本松農園の主力作物はきゅうりであるため、もし、これから基準以上の放射能が検出されると、売れなくなり、農業も続けられなくなる。なので、その結果を見るまではドキドキものであった。
2年前から開墾を行い、退職金の大半をつぎ込んで規模拡大したきゅうり栽培。それが、できなくなるということは、脱サラして農業を志したのに、それがすべてゼロになる。
6月下旬、二本松市産の露地きゅうりの検査結果が発表となった。それを見て、私は目を疑った。放射能は「検出されず。」だったのである。二本松農園周辺は、特に放射能が高いと聞かされていたので、心の中では、放射能が検出されるのを覚悟していた。それが・・・「検出されず」なのである。私は、県の農業改良普及所の人に「これって本当なの?」と何度も聞いたが、普及所の人は、「本当です。きゅうりをはじめとして、トマト、ほうれん草、インゲン、いも類に至るまで、放射能は検出されず、か、検出されても基準(当時の基準は500ベクレル/キログラム)のはるか下です。」とのこと。後に、茨城大学のN名誉教授は、このことを「福島の奇跡」と言ったが、まさにそんな感じだった。
なぜ、野菜類から放射能が検出されなかったのか。
そのメカニズムは次のように言われている。
 放射能とは、具体的に原発事故によってまき散らされた放射性セシウムを意味する。セシウムは大気中から地表に降り注ぎ、それが、自然に、あるいは、農民が畑を耕すと地中に入っていく。地中には、肥料の三要素、窒素、リン酸、カリが存在する。実は、そのカリが、セシウムと化学的構造が似ている。植物は、肥料のカリを吸い込もうとするが、そこにカリと似ているセシウムがあるとそれも吸い込んでしまう。しかし、セシウムよりカリの方が格段に多い土壌、いわゆる肥沃な土壌では、セシウムよりカリを吸う確率が高いので、結果としてセシウムがあまり吸い込まれない、という理屈である。動物の堆肥などをたくさん使い、一生懸命耕した肥沃な農地、そこから生産される野菜からは放射能が検出されにくい、
ということが分かったのである。特に日本の農地は良く管理されているため、チェルノブイリ原発事故周辺の土地よりカリ成分が多く、結果、チェルノブイリで放射能が検出された野菜でも、福島では検出されなかったのである。
 しかし、残念ながら放射能を吸い込みやすい農産物があることも分かってきた。それは、野生のきのこ類、ブルーベリー、キュウイフルーツ、大豆、そして果物。特に、山に自生している天然きのこ類は、基準の数倍で数千ベクレルも検出されることが多かった。野生のきのこ類は、今でも出荷停止になっており、原木を使って山で生しいたけを栽培した農家の多くが廃業に追い込まれた。
きのこ以外の、果物や大豆等については、基準(2012年4月から、一般食品における放射能の基準は、100ベクレル/キログラム)内ながら30ベクレル程度の放射能が検出されることがあった。なぜ、大豆が、他の野菜に比べて放射能が検出されやすいのかは、今だに明確な原因が分かっていないようである。しかし、震災から3年近く過ぎた今、大豆からも、放射能はかなり検出されにくくなっており、二本松農園の場合、「検出されず」か、出ても、15ベクレル程度となっている。
 果物についても、震災直後の2011年中には、桃、なし、りんご等いずれも30ベクレル程度検出される例が多く見受けられた。基準のはるか下と言っても、放射能が検出されるということは、やはり消費者は買うのを避ける傾向となる。これにより、2011年の夏は、福島市の特産である「桃」は、非常に売れにくい状況となった。
普通、桃農家の出荷価格は、震災前1キロで800円程度であったが、2011年の夏には、福島市産の桃が1キロあたり、数十円にまで暴落し、それでも買い手がつかず、しかたなく廃棄していた例があった。風評被害の最も厳しい時期である。震災の起きた2011年は、天候が安定し、特においしい桃がとれていた。それを・・・捨てざるを得なかったのである。桃農家がどんなにつらい思いをしたか。「二本松農園のネットショップで桃を売って欲しい。」と多数の農家が助けを求めてきたのもこの時期である。
 基準のはるか下なのに、売れない。この冬、福島の果樹農家は一斉に「樹木の洗浄」を始める。樹皮にこびりついたセシウムが、果実に移行していると考えたからである。雪の舞う寒空の下、果樹農家が、高圧洗浄機で木を洗う姿があちこちで見られた。
この努力により、次の年からは、福島市産の果物から放射能はほとんど検出されなくなった。除染が功を奏したのである。
 食品放射能測定機の話をもう少し詳しくしたい。
一番普及しているのは、「シンチレーション型放射能測定機」である。これは、シンチレーションが、放射線のガンマ線を受けると発色する機能を活かし、その発色の強度によって、検体の食品中における放射能を測るものである。
検体は通常1リットルのものを細かく切り刻み、約30分間測定する。このシンチレーション型測定値の検出下限値は10ベクレル程度が多い。
検出下限値とは、その機械の測定限界の意味であり、たとえば、検出限界10ベクレルのシンチレーション型放射能測定機の正確な放射能測定値は10ベクレル以上であり、それ以下の数字は参考値となる。検査結果において、「検出限界以下」とか「ND」(ノーデータ)というのは、当該測定機の検出下限値以下という意味であり、実際は、放射能がまったくゼロなのか、9ベクレルあるのかは分からないということになる。10ベクレル以下は測定できないとしても、10ベクレル自体が基準(100ベクレル)のはるか下であることから、一般にこの機械が普及しているのである。なお、この検体を切り刻むシンチレーション型放射能測定機の価格は1台150万円程度である。最近は、検体を切り刻まず、そのままの形で検査できる「非破壊型」の検査機も普及してきており、二本松農園に2013年秋に導入したものも、この非破壊型である。なにより、非破壊型は、貴重な農産物を無駄にせず、検査後は販売できるのが良い。二本松農園に導入したこの検査機の検出下限値は6ベクレルであり、性能もアップしている。
 検出下限値を説明したが、もっと精密に放射能を測りたい場合は、「ゲルマニューム半導体検出機」という機械を使う。これを使うと、1ベクレル以下まで精密に放射能を測定することができる。しかし、機械自体が数千万と高価であるほか、検査に専門的な知識が必要となるため、福島県においては、福島県農業総合センターや民間の専門検査機関等設置場所は限られている。
 2012年の秋には、福島県産の米をすべて測ろうということで,コメの「全袋検査機」が導入された。福島県で1年間に産出される米は、30キロの袋に換算して1100万袋にもなるが、これらのすべてを放射能検査しようというものである。
二本松農園産の米を例にとると方法は次のとおりである。
 秋、コンバインで稲の刈り取りを行い、農園の作業所に持ち込み、乾燥のうえ、もみすりという作業を経て、玄米となる。玄米を通常30kgずつ袋につめる。この袋すべてに、市役所から配られたバーコードシールを農家が貼る。それが終わると、農家は市役所の農政課に電話し、全袋検査の依頼をする。数日後、検査日が指定され、集荷業者が米を取りに来る。
集荷業者は、二本松市内に数か所ある「米の全袋検査所」に米を搬入する。米はトラックからホークリフトで下され、全袋検査機の近くに運ばれる。検査機には、ベルトコンベアーが設置されており、米袋を一つ一つそのコンベアーに乗せていく。コンベアーはトンネルのような形をした全袋検査機の中を通っており、コンベアーに乗せられた米が検査機を通過する。検査機の脇には大き目の液晶ディスプレイがついており、検出下限値以下の場合は、ディスプレイに大きく○が映し出される。基準の100ベクレルを超える可能性があると判断される米が出た場合は、その米は、ゲルマニューム半導体検出機の詳細検査に回され、もちろん基準を超過した米は、市場に流通させない。
 ちなみに、平成24年秋収穫の福島県産の米について、1,130万袋の検査を行い、
100ベクレルの基準を超過したのは、71袋で、全体のわずか0.0007%であった。
 
(東京に直接売りに行く)
 2011年4月下旬、ある広告代理店の方から「齊藤さん、風評被害対策で、ネットで随分販売されているようですが、川崎で直接販売してみませんか?」という話が舞い込む。
私は、少し考え「やらせてください。」と回答した。ネットの売り上げが、1ケ月をすぎ下降気味になってきて、県内農家を助けるためには、新たな販売先が必要だと思っていたことと、首都圏に福島県産農産物を持ち込んだ時どのような反応があるか見たかった、肌で感じたかったからである。
 販売させていただける場所は、川崎駅地下街で、たくさんの人通りがある場所で、試し売りを行うには絶好の場所である。毎週土曜日の10時から概ね午後2時頃までの間。
震災からわずか1ケ月ちょっと、風評被害まっただ中での船出である。当時、農園スタッフは7名。ネットショップの事務処理で依然として忙しかったし、田植え時期も間近に控え、とてもスタッフを連れていけるような状況ではなかったし、首都圏で販売する過程で予期せぬ事態が起こらないとも限らない・・ので、まずは、自分一人で川崎に行くことにした。
4月下旬の金曜日の午後1時、愛車の乗用ワゴン車に、只見町から宅配で取り寄せた例 のゆべし、味みそ、県南のハウス栽培の生しいたけと乾燥しいたけ、いわき市からのエシャレット(らっきょうの一種で生で食べるとおいしい)、そして、二本松農園産では米だけを積んで出発。この時期農園には、米ぐらいしかなかった。もちろん震災前の秋に収穫した米なので放射能の心配はまったくない。
次に二本松市内の有機農家を回り、有機にんじんやいも類、あるいは、有機にんじんジュース等の加工品。次に国道4号線を約30km北上。福島市内の大規模トマト農家からミニトマトを仕入、そこから少し離れた農家からハウスきゅうりを大量に仕入れ、その後も県北の様々な農家から出荷停止になっていない、ハウス栽培の野菜類を大量に仕入れた。
ワゴン車は満杯。乗用タイプのワゴン車であるため、クッションが柔らかく、ゆっさゆっさとする。
東北自動車道の福島西インターチェンジから高速に乗る頃はすでに午後6時、農園を出てから5時間もすぎ、既にこの時点で100キロを走っていた。
東北自動車をひたすら南下。途中サービスエリアで夕食をとって、約250キロ離れた埼玉県の蓮田サービスエリアに着いたのは午後11時頃になっていた。
川崎駅地下のマルシェの開始時間は次の日の朝10時から。ほんとならビジネスホテルに泊まりたいところであるが、そんな贅沢をしていたら赤字になってしまうので、蓮田サービスエリアで車中泊というか仮眠。燃料を節約するためにエンジンを切り、寒い車中で毛布をかぶる。
蓮田サービスエリアから川崎までは、首都高を使えば、1時間ちょっとで行けることは分かっていたが、なれない首都高だし、川崎での準備もあるので、午前4時、眠い目をこすりながら蓮田サービスエリアを出発。川口ジャンクションを経て、いよいよ首都高へ。
たくさんの野菜類を積んでいるので車が重い。首都高はカーブが多いので慎重に時速
70キロで進んでいく。
朝4時過ぎなのでまだ空は暗いが、東京の街はたくさんの灯り。高架の首都高を走っていると、東京の街の灯りに飛び込んでいくような感じになる。
「俺はいったい何をやっているんだ。他の農家の野菜をたくさん積み、一人で眠い目をこすりながら、東京に突っ込んでいく。もしかしたら・・・福島県の野菜なんか持ち込みやがって・・・と袋叩きにあうかもしれない。でももう後戻りはできない。東京に突っ込んでいく。」そんな事を考えながら首都高をゆっさゆっさとワゴン車を走らせていた。
当時はやっていたのは、AKB48のヘビーローテーション。それをワゴン車いっぱいに流し、大声で歌う。51歳にもなってAKBもないものだが、なんとなく車で大声で歌っていると勇気が出る。眠気もさめる。ということで、震災後の私への応援ソングはヘビーローテーション、最近は「恋するフォーチュンクッキー」となった。
光の海を越え、川崎大師近くの首都高インターをおり、川崎駅へ。地下駐車場を探して、駅の周りをうろちょろ。ようやく地下駐車場についたのは午前7時になっている。二本松農園を出発したのは、昨日の午後1時、それから実に18時間もすぎていた。
すぐに上のマルシェの会場へ。午前8時頃責任者の方にご挨拶。実はこの先が作業的に大変なのである。地下駐車場から上のマルシェ会場までは・・・車から荷物を降ろし、台車に積んで、エレベーターに乗り、上へ。エレベーターを降りてから、大きな通路をなんと100メートルも台車を押し、ようやくマルシェ会場へ。ワゴン車いっぱいの野菜類を小さな台車で運ぶので、これを10回も往復しなければならない。時間はもう9時半を過ぎて、
OPENまであと30分しかない。すぐに、商品の陳列。長机2本の上に陳列用の箱をたくさん並べ、そこに、野菜類をきれいに並べていく。きれいに、といっても、どのように並べればお客さんの目にとまるかもさっぱり分からない。汗をかきかき陳列をやっていると、ついにOPENの5分前。出店者全員集合ということで朝礼が始まる。責任者の人が私を紹介。「今週から福島県の農家の方が参加されます。」と。私が「よろしくお願いします。」というと、東京近郊の参加している農家や加工品関係の方々は、なぜか興味津々の様子。
朝礼が終わり、責任者の方から、「二本松農園さん。OPENの時間ですよ。値札をはやくつけなきゃ。」と言われ、またまた汗をかきながら値札をつける。すべて準備が整ったのは、10時半を過ぎていた。
ただ、土曜日の駅地下の10時代は人通りがあまりなく、遅れてもあまり支障はない。
11時頃になると徐々に人通りが多くなる。目の前を川の流れのように人が通っていく。心の中で「風評被害の真っただ中、はたして買ってくれる人がいるのか?」と思いつつ、ここはいっちょ元気を出してということで、「福島から新鮮な野菜をお持ちしました!」大声で叫ぶ。すると・・・予想外にも・・・人が集まってきた。ほとんどが、30歳以上の主婦らしき人。「福島から来たの?大変だったでしょう。ミニトマト頂戴。」「私も福島出身なの。新鮮そうな野菜ね。きゅうり頂戴。」「福島応援しなくちゃね。ゆべし頂戴。」「私はエシャレット大好きなの。」・・・。次々に売れていく。放射能の事など聞く人は誰もいない。どの店よりも二本松農園の店に一番お客さんが集まってくる。野菜の説明をし、清算し、レジ袋に入れてあげる。一人でてんやわんや。頭が混乱する。「これはいったい何なんだ。風評被害なんかないじゃないか。みんな買ってくれてる。放射能の事も誰も聞かない。」
ためしに、お客さんに「放射能は県がちゃんと検査して、大丈夫なものだけお持ちしてます。」と言うと、必ずこんな答えが返ってくる。「ちゃんと測って持ってきているんだもの大丈夫よ。」「この年になれば放射能なんか気にしないわよ。」どんどん売れていく。しかし、冷静になって、前を行く人を見てみた。寄ってくるのは、中高年の女性だけで、子供連れの主婦層は決して寄ってこようとはしない。他の店には寄っていくのに。
分かった。やはり放射能をまったく気にしていない、ということではない。中高年の女性だけが買ってくれているのである。しかし、この層の数はかなり多い。
10人のうち9人が買ってくれなくても、1人だけでも買ってくれたら、結局それはすごい数となる。東京・埼玉・神奈川・千葉・茨城、首都圏には4000万人が住んでいる。そのうちの⒈割の人だけ買ったとしても、結局、それはすごい数になる。
この時、私は、「やはり福島県産農産物の放射能を気にする人はたくさんいる。風評被害はやはりある。しかし、それを気にしない人も一定数いる。この少数ながら買っていただける人に買ってもらえばいいんだ。」と思った。福島にいると、「東京の人」と一色淡に考えがちだが、東京には、性別も年齢も考え方も違う様々な人が住んでいる。ターゲットをしっかり絞って売っていけば道は開ける。そう思ったのである。
 午後2時、マルシェは終わった。マルシェの責任者が近寄ってきてこう聞いた。「売上はどうでしたか?」私は答えた。「完売で売上は15万円ぐらいになりました。」責任者いわく。「それはすごい!マルシェに参加している店の中で一番です。」
 これを機に、私は、東京で直接販売を続けていく決心をした。
 このように、私が一人で、福島県産農産物を東京に売りに行っている様子は、全国放送のテレビで取り上げられるようになった。
二本松農園を出発し、各農家で集荷している様子。それから、東北自動車道を走っている様子。私が高速道路の走行車線を走っていると、追い越し車線からテレビ局のカメラが追う。わざと、スピードを上げると、隣に座っているディレクターの携帯に「齊藤さんに、もう少しスピードを下げるように言ってください。撮れないです。」そうすると私は、今度は、低速の制限速度ギリギリまでスピードを下げる。追い越し車線のテレビカメラマンはそれを追い続けるので、追い越し車線には渋滞がおきた。
 ネットショップの注文が入ると、私の携帯にメールが入るようになっている。時々それが、けたたましく鳴り続ける時がある。それは、私を題材にした番組が放映された時である。たくさんの取材があり、また、テレビ局もランダムに放映していくので、いつ私の事が放映されたのは分からなくなる。ネットに集中的に注文が入った時は、私がテレビで紹介された時なのである。
 
 (デパ地下)
 5月のある昼、私は、農作業服に長靴姿で、新宿の老舗デパートT店の地下食料売り場に立っていた。実際、福島県産農産物が売られているのか確かめるためである。
たくさんの野菜や果物が高い値段で売られている。それをず~と見ていく。しかし、福島県産は一品もない。まったくないのである。他のデパートI店の地下も見てみたが、いわき市産のアスパラが寂しそうに5袋ぐらいあっただけであった。
私は、頭に血が上り、フロアの女性店員に「私は、福島県の農家です。責任者の人と話をさせてくれませんか。」と言った。その店員はびっくりして、「今、フロアマネージャーを呼んできます。」と言って慌てた様子で消えた。しばらくして30歳中頃の男性が私に寄ってきて、「何かご用ですか?」と尋ねる。明らかにおびえている様子である。私が、「今、お店を全部見せていただいたのですが、福島県の野菜は、あそこにあるアスパラだけですが、震災前からこんなに福島県の野菜は少なかったのですか?」。すると、そのフロアマネージャーは「前は、福島県の野菜や果物は結構あったのですが・・・。」という。私は、ちょっと語調を強めて「なんで、今は福島県の野菜を置かないのですか。そんな事をしていたら福島県の農家がやっていけないじゃないですか。なんで仕入れないのですか?」。するとフロアマネージャーは「バイヤーが買ってこないんです。」と泣きそうになって言う。私は、さらに頭にきて「バイヤーを呼んでこい。」と大きな声をあげる。フロアマネージャーは「今日は・・・出張で・・・。」と言葉にならない。私は「福島県農家が風評被害でどんなに大変な思いをしているのか分かっているでしょう。放射能の心配がないものは、率先して販売すべきではないですか。来週また来ますので、それまで福島県のものを仕入れてください。」と言ってデパ地下をあとにした。
 この頃、私は相当頭にきていた。「なんで、福島県農家がこんなに苦しんで自殺する人まで出てきているのに・・・、東京には、福島県の野菜を食べて応援したいという人もたくさんいるのに・・事実、私が東京で野菜を売るとあんなに買ってくれるのに・・・。」との思い。「福島県の野菜を買って応援したいのに、首都圏のデパートやスーパーにはどこにも置いていない。」というメールは事実だったのである。

 (ネットで福島県農産物を売っていないスーパーの調査)
 どうしても許せない。
私は、ある時、ネットのブログで「福島県農家は風評被害で本当に苦しんでいる。なのに、福島県農産物の販売を避けているスーパーは許せない。首都圏の消費者の皆さん、ご近所で福島県産農産物を売っている店と、そうでない店を教えてください。二本松農園のブログで、店の実名を公表しますから。」と呼びかけた。すると、すぐに書き込みがあった。
「私は、農産物の流通関係の仕事をしています。あなたのやっていることは、度を越しています。スーパーだって本当は福島県の野菜を取り扱いたいと思っているのですが、中には強いクレーマーがいて、「なんで福島県の野菜を売っているんだ!」と責められるのです。だから店に並べられないのです。流通業者のこのような事情も理解すべきです。」と。私は「普通の状態だったらそのような事も言えると思いますが、福島県の農家の状況は生きるか死ぬかの緊急事態。助けなければならない。クレーマーが来たとしても、「安全が確認されており、出荷停止になっていない野菜なので販売している」と毅然と説明すればいいんじゃないですか。」と反論したものの、なぜか、むなしくなって、これ以上、実名の調査は行わない事にした。
 
(福岡での出来事)
 この頃、福岡市においてこんな出来事もあった。ある市民団体が福島県を応援するため福島県物産展を実施しようとしたが、10数件の苦情があり中止となった。私は、このニュースを見ていて「何を考えているんだ。10件ぐらいの苦情があったぐらいで中止にするなんて。もともとやる気も根性もないんじゃないか。私なんて、「東京に放射能を持ち込む悪者」ということで、ネットで集中攻撃を受ける時もあるのに、めげずにやっている。」
 後にこの福岡の出来事を契機に、逆に福岡のボランティア団体との交流が始まる事となる。

 (ネットでの攻撃)
 二本松農園は、このように、震災直後の3月下旬から、ネットショップを使って風評被害に苦しむ福島県農家の農産物を取り扱い、風評被害を乗り切っていた。しかし、ネットの世界では、たくさんの人が応援してくれるものの、逆に誹謗中傷を含めたメールやブログへの書き込みにもさらされる。「おまえは放射能を東京に持ち込む悪者。」というような内容である。
この頃、福島県庁にも非常に悪質な、脅迫ともとれるようなメールが多数寄せられていたと、聞いている。当農園も例外ではなく、このような被害にさらされていた。
耕作放棄地を開墾し、有機的に、できるだけ安全でおいしい農産物をつくりたい、それをホームページで紹介して全国の消費者と直接結びついていきたい、そんな純粋な気持ちで作ったホームページなのに、それが、脅迫めいた、汚い言葉で汚されていくのを見るのは非常に辛かった。しかし、これらのメールや書き込みに反応すると、さらに拡大する事になるので、反応は極力抑えていたが・・・、善意で、福島県農産物を応援しようとしているお客様のはげましの書き込みに対して、「なんで福島県農家なんかを応援しているんだ。放射能まみれの福島県の野菜を買っているおまえの気がしれない。」というような書き込みをされた時には、どうしようもなく悔しく、「お客様にまで攻撃するんじゃない。」と反撃の書き込みをしたのを覚えている。
ネットは魅力的で有効な手法だが、逆にこのような悲しい現実にもさらされるのである。

(海外の公共放送)
 ある時、このようなメールが農園に入ってくる。「いつも東京に来て、新鮮で安全な農産物を販売している・・それを信じて買っていたが、ユーチューブに上がった外国の公共放送の取材動画を見ると、やはり、福島県産農産物は放射能がかなり高いようである。もう売りに来ないで欲しい。」との内容。びっくりしてそのユーチューブ動画を見てみると、誰が見ても、福島県は放射能が強くて住めるような場所ではなく、野菜も基準の何倍もの放射能が出ているとの内容。私は、これは事実を確かめないと、東京のお客様を裏切った事になると思い、この海外の公共放送の行った取材先を再取材する事にした。
まず、その動画では、二本松市の隣である本宮市の農家が、野菜の放射能を測って欲しくて、福島県農業総合センターに行くが、断られ、その足で福島市にある市民放射能測定所に行く。その野菜を測ってみると、数千ベクレルの放射能が検出された。との内容であった。
その市民放射能測定所には、知り合いのH氏が活動しており、その動画でもそのH氏のインタビューの内容で構成されていた。動画では、H氏が「福島県の野菜は、放射能が数千ベクレルのものもある。」となっているが、私がH氏に尋ねると、それは「福島県の野菜」というインタビューの部分と「福島県の野生キノコは、放射能が数千ベクレルのものもある。」の「野生キノコ」の部分を編集で削り取り、「福島県の野菜は、放射能が数千ベクレルのものもある。」としていることが分かった。H氏は、動画を見て、自分の言った事と趣旨がまったく違うため、すぐにその公共放送に抗議のメールを発した。
 その後、本宮市の農家とやらも訪ねてみたが、その人は農業者ではなく農家に資材を売っている業者であった。
 このような事から、私はその夜「今回の海外公共放送の動画の内容は,編集により、あたかも福島県農産物が危険なように見せたものであり、事実に反する。本日、私が再取材した。」旨、ブログで公表した。私のブログはツイッターに連動しているため、この私の反論はツイッターにも流れた。そうしたらである、その夜、数千件のツイッターの反応があったのである。これを業界用語で「炎上」というらしいが、まさにその状態である。
次から次に、ツイートがツイートを誘発し、どんどん広がっていく。「海外公共放送はデタラメな放送をしている。それを福島県の農家が再取材した。」というような私を称賛するツイートが約7割、逆に「なんで福島の農家がそこまでやるんだ。うしろめたい事があるんだろう。」と私を批判するツイートが約3割であった。この時、マスコミ、特に海外のマスコミ批判を行うと、想像以上の反応がある事を知った。

ネットでの二本松農園の首都圏販売への攻撃は、日を追うごとに増え過激になっていった。単なるネット上のことならいいが、もし、販売している農産物に異物でも混入されたら・・・心配になったので、スタッフに見張りを指示したほどである。

(販売ボランティア)
首都圏への販売を始めてから、次のようなメールも増えてきた。「二本松農園の齊藤さんが、東京にワゴン車で来て野菜を売っている様子をテレビで見ました。ぜひ、販売のお手伝いをさせてください。」というような趣旨である。もっと詳しく聞くと、皆「何とか、福島県農家を応援したいが、仕事があるので、福島県に行く事ができず、東京に居ながらにして福島県農家を応援できる事がないかと思っていた。そんな時、齊藤さんの姿がテレビから流れ、そうだ!この人の販売活動を応援すればいいんだ!それなら、東京にいても出来る!」と思ったとのこと。これについても目からうろこであった。こんなに・・・福島県農業の事を思ってくれる人たちにいるなんて。それも、若い女性の方ばかり。
それからは、その人達とメールで連絡を取り合い、販売のお手伝いをしてもらう事にした。
たとえば、川崎で土曜日に販売する場合、私は、前日から県内農家を回って集荷をし、高速道路を夜通し走って、少し仮眠をとっただけで、土曜日の朝からのマルシェに参加していたため、正直、体はかなり疲れていた。そんな時、女性の販売ボランティアが来てくれると心底うれしかった。「齊藤さんは疲れているでしょう。あとは、私たちが販売しますから、齊藤さんは休んでいてください。」と言っていただいた。数時間休んで店に帰ると、その販売ボランティアの人たちがニコニコしながら「齊藤さん、完売したよ!」と喜んでいた。
私もうれしかった。福島県の野菜を買わない人ばかりでなく、逆に、売ってまで応援してくれる人がいるんだ。日本も捨てたもんじゃない!
 「交通費ぐらいとってください。」と私が言っても決して受け取らない。少し売れ残った野菜をプレゼントしようとすると「買うことに意義があるのよ。」と買っていただける。
 本当に天使のような人たちばかりである。
 販売ボランティアの中には、夕方4時頃になると「齊藤さん、夜のお仕事があるので、これで失礼します。また、来週手伝わせてくださいね。」と言う人も多い。実は、夜の飲食店の仕事なのである。
 みんな何かをしたいと思っている。困っている人を助けたいと思っている。でも現在の職場の中では、なかなかそれができない。でも、福島県の野菜を売っている時は、自分を発見できる。自分の存在価値を見いだせる。私だって、人を助ける事ができる。そんな感じである。
 販売ボランティアには、色々な性格の人がいる。高らかな声で「福島県から農家さんが新鮮な野菜を持ってきました。ぜひお買い求めください。」と呼ぶ人。ニコニコしながら立っているだけだが、自然にお客さんが集まってくる人。「私はお金を勘定しますから。」ということで、きれいに売上金を並べて数えてくれる人。
 震災から3年が過ぎようとする今でも、この方々とは、色々な形でつながっている。私にとっては家族のような存在だ。日本にこのような人がいる限り、福島県農家は生きていける!このような人たちとつながってつながって、少しずつその輪を広げていけば、いつか大きな力になる。ネットショップで福島県の野菜を買い続けてくれている人たちも、きっとこんな思いなのだ。この人たちとつながっていく事が福島県農家の生きる道なのだ。
確かに、風評被害は厳しいが、逆に、このような事を知ることができた。この時、私の心に生まれた言葉、それは「顔の見える関係に風評被害はなし。」である。

(首都圏販売を強化)
 東京を中心にした首都圏への直販を強化していこう、と2011年6月私は思った。それには、スタッフと車が必要である。福島県庁を訪れ、何か補助事業がないか聞いたところ、商工労働部で、震災からの経済復興ということで、緊急雇用事業というものがあることが分かった。スタッフの人件費はもちろん、関連する車のリースも補助してくれる制度である。
私は、すぐに首都圏への販売スタッフ12名、ワゴン車3台のリースを内容とする申請を行ったところ、すぐにそれが認められ、7月から本格的な首都圏販売を開始することができる事となった。
 しかし、車を停めて売る場所が必要である。最初、東京の路上で車を停めて販売していたが、お巡りさんから「いくら、福島県の農家でも道路で販売するのはまずいよ。」と言われたし、東京の道は狭くて、停められるスペースもあまりない。どこか販売できる場所はないかなあ・・、と考えていたところ、はたとひらめいた。「そうだ、教会はいろんな所にある。キリスト教は、困っている人を助けるはずだし。」
カトリック二本松教会の方に、農園に勤務していただいた事もあり、首都圏のカトリック教会や修道院の名簿を入手することができ、そこにはFAXも記載してあった。すぐに、「どうか、福島県農家を助けるため、教会の敷地を貸してください。」と、たくさんの教会にFAXでお願いしたところ、かなりの教会から「うちの教会の敷地で販売してもらっていいです。特に、日曜日には、どこの教会でもミサがありますので、効果的だと思います。」とのこと。さっそく、武蔵野市の吉祥寺教会で毎週日曜日販売させていただく事になった。
吉祥寺教会の場合、日曜日には、朝7時半をはじめとして、1時間半おきに4回のミサがあって、多い回には100名以上の信者の方が教会から出てこられる。そこで福島県農産物を買っていただこうというものである。「福島県の農家が、わざわざ東京まで販売に来ているんだからぜひ買わねば。」というお気持ちは強かったと思うが、それを毎週繰り返していると、「野菜はいつもここから買う。」というように日常化するのである。時々は、ミサの終わりに、福島県農業の現状についてお話しさせていただくと、これまた効果抜群である。神父様からもお話しいただく。
吉祥寺教会のG神父様は、特に親切で「私も、新潟大空襲を経験し、本当に辛い思いをしたので、福島県農家の辛い気持ちは痛いほど分かる。」と言い、ミサが終わると、真っ先に教会の建物を出てきて、帰ろうとする信者を通せんぼしながら「おいしい福島の野菜を買ってください。」と言ってくださる。さつまいもを販売した時には、すぐに自宅に帰って、焼いてきて、おいしそうに食べながら「こんなにおいしいさつまいも、さあ、買った!買った!」とやってくださる。本当に人間味あふれる神父さんだった。
 吉祥寺で福島県農家が野菜を販売しているという話はすぐに広まり、目白の教会でも入口で販売させていただける事になった。1ケ月に1回ではあるが、田園調布教会でも。それがさらに広がり、目黒教会、高輪教会、渋谷教会、川越教会と広がっていった。
 しかし、教会のミサは日曜日に限定されるので、スタッフを12人も抱えている以上、平日も販売を行いたい。まもなく、多摩市にあるNPO代表のNさんから、販売のお誘いをいただき、毎週水曜日、多摩ニュータウン内の商店街の一角で販売する事が可能となった。
多摩市は、福島県から行くと、東京の反対側にあたるため時間がかかる。片道300キロを超える。水曜日の朝4時に二本松市を出発し、多摩市に到着するのが9時頃。それからセッティングをして販売し始める。しかし、多摩ニュータウンは、高齢化が進んでおり、商店街を歩いている方は少ない。その分、ゆっくりとお話しできるという良い点はあるが、売上的には教会の4分の1程度であった。古い多摩ニュータウンにはエレベーターがない。お買い求めいただいた野菜をスタッフが住宅の3~4階までお持ちすることもあった。戦後の高度経済成長期を思い出し、多摩におじゃまするたびになつかしい思いがした。
 小田急多摩センター駅周辺は、多摩ニュータウンとは違って、逆にディズニーランドに行ったような感じの街並みである。サンリオピューロランドがあるせいだろうか。
 この駅前のビルで、主婦の皆さん50人ぐらいと「福島県の放射能の現状」についてお話しさせていただいた事があった。みなさん、私が福島県の農家ということで興味津々であったが、「福島県の農産物からは、放射能はほとんど検出されなくなっていること。」「すべて検査を行っていること。」「残念ながら、山のきのこは壊滅状態で、大豆や柑橘系の果物からは若干ながら放射能が検出されること。」等についてお話しさせていただいた。
東京でお話しさせていただく時、私は「今のお話を聞いて、福島県の野菜を今後食べてくださいますか?」と会場の人に聞くことにしている。すると、大半の人が「食べる」と手をあげてくださる。これを見るたび、いかに情報不足かを感じる。福島の状況をありのままに説明すれば、他の県の人も福島県の事をご理解いただけ、福島県産農産物を食べて応援いただける。しかし、福島県農業の現状があまり伝わっていないので、半信半疑となり、結果として福島県産農産物の消費が避けられているように思う。忙しい農業という仕事の中で東京まで行くのは大変であるが、お呼びいただければおじゃましてお話しさせていただくことにしている。特に、福島県の農業者が直接話すと、皆さん良く話しを聞いてくださる。
 東京都北区でお話しさせていただいた時も同じような状況であった。
会場には100人もの方々が来てくださり、2時間にわたり熱心に私の話を聞いてくださった。いつものように、「では、福島県の野菜を食べていただけますか?」と最後に聞くと、たくさんの方が一斉に手をあげてくださったのには、とてもうれしかった。ただ、その時ある男性が手をあげ「齊藤さん私は食べるよ。でもね、まだ孫には食べさせたくない。」とおっしゃった。私は「自分が何を食べるのかは自由です。いくら、放射能を測っている、放射能は出ていない、と言っても、子供にはなんとなく食べさせたくない、という気持ちは分かります。ここまでくると、測っているとかいないとか、の以前の問題だと思います。」という私がいうと、その方も会場の方もうなずいていた。
 東京日比谷公園で集会に呼ばれた時は、有名な元歌手のK氏とステージで対談することになった。事前の打ち合わせの際、私が、「福島県の野菜からは放射能がほとんど出なくなった。」というと、K氏は「齊藤さん。そのお話しはしない方がいい。反原発を進めるためには、原発は危険だということを伝えなくてはならない。」と言った。私は、「そのような姿勢ではダメです、必要なのは、正確な情報を全国民に伝える事です。この情報は伝える、この情報は隠す、というような事をやっていると、結局、市民は半信半疑となり、信用してくれなくなります。大事なのは、放射能が出ている野菜、出ていない野菜を正確に伝える事です。」と申し上げ、ステージでもそのような内容を話した。
 
 (販売スタッフ)
 2011年夏からは、このように、主に首都圏販売のために、12人のスタッフを雇用し、水曜日は多摩市、金曜日は港区周辺、日曜日はカトリック教会を中心に販売活動を行っていた。
 日曜日の教会向け販売の例をとると、土曜日にスタッフが主に県北方部の農家を回って果物や野菜類を集荷してきて、夜6時頃から倉庫で詰め替えを行う。集荷してきた野菜類をいったん車から全部下ろし、教会ごとに車に積み替える。東京は販売する場所によって、売れるものが微妙に違う。私が、「吉祥寺はこの野菜20、目白10、田園調布15」のように指示し、詰め替えを行っていく。販売する果物や野菜は50種類もあるので、この詰め替え作業は2時間くらいかかり、夜8時か9時ころまでかかり、スタッフは一旦自宅に帰り、仮眠する。朝4時集合で東京に向け出発する。
スタッフは二本松市の事務所から30キロも離れている者もいた。往復の通勤時間を差し引くと仮眠時間は、3時間程度だったと思う。それでも12人のスタッフは文句ひとつ言わず、やりがいをもって東京への販売をやってくれていた。いずれも、色々な事情で会社を辞めた者が多かった。でも、いいスタッフばかりであった。
私は、いつも「オレたちは、単に野菜を売っているだけではない。風評被害に困っている農家の野菜と、それを食べて応援したいというお客様をつないでいる。すごい事をやっているんだ。」と説明していた。どのスタッフもイキイキとして仕事をしてくれた。いずれも20歳代の若者であった。
 片道250キロもの距離を車で往復していると、交通事故に巻き込まれる危険性は格段に高くなる。結局1年間で事故はなかったが、巻き込まれそうになった時はある。
夏だったと記憶しているが、東京販売を終え、夜7時頃、私も含めてスタッフ3人で東北自動車道下り車線の宇都宮インターチェンジを過ぎたあたりを走っていた時、大変な事がおきた。
向こうから、車が高速道路を逆走してきたのである。
若い24歳の男性スタッフがワゴン車を運転、私は、助士席で疲れでうつらうつらしていた。追い越し車線を時速100キロぐらいで走っていた時、運転していたスタッフが、突然「何だ!」と大きな声をあげた。私が目を開けると、追い越し車線の反対側から猛スピードで乗用車が近づいてくる。反対車線ではなく、同じ車線を逆走してきたのである。こちらが時速100キロ、逆走してきた乗用車は時速150キロぐらいの猛スピードに見えた。スタッフが「何だ!」と叫んでから、逆走の車が目の前に来るまで、3秒ほどしかなかったと思う。左の走行車線側には別の車が平行して走っていたため、スタッフはワゴン車をやむを得ず中央分離帯側にハンドルを切った。
逆走してきた車は、ワゴン車の左側をまさに鉄砲玉のようなスピードですり抜けていった。
ぶつかれば、こちらが100キロ、あちらが150キロ、相対速度で250キロ。250キロでブレーキを踏まずに、壁に激突したと同じ状態になるので、たぶん、衝突していれば、スタッフと私も即死だった。
 何とか逆走車はかわしたものの、運転していた若いスタッフは恐怖で震えていた。私は、「そこの、上河内サービスエリアに停車しなさい。」と言い、車は停車した。
運転していたスタッフはガタガタ震え、とても運転できるような状態ではない。私は携帯電話で110番をした。
「今、東北自動車道、上河内サービスエリア付近の下り車線を走っていたのですが、乗用車がすごいスピードで逆走しています!」と。110番の先のお巡りさんも、興奮した口調で「今、その110番がたくさん入っています。あなたの車は無事でしたか?」との話。
その後、ニュースにはならなかったので、大事故には至らなかったようであるが、これが、東京販売をしていて最も危険な思いをした時である。

 福島駅前で販売していた時にはこのような事もあった。
県の販売イベントで、福島駅前通りにたくさんのテントを並べ、二本松農園も野菜類を販売していた。すると、30歳くらいのチンピラ風の者が店に寄ってきた。
他の店で酒を試飲したようで、酔っているように見える。
その男は、うちの女性スタッフに「こんな放射能のおそれのある野菜を売りやがって。」と言って、因縁をつけてきた。私が「ちゃんと放射能を測って、丹精込めて農家がつくった野菜だ。何が悪い。」と言うと、その男は「生意気な事をいいやがって」と叫び、持っていたキセルで試食用のサラをかち割り、立ち去ろうとした。私は、許せないと思い、携帯で110番をしながら、その男を追いかけた。
30メートルぐらい追いかけるとその男が前を歩いていた。私が「警察に一緒に来い。」というと、その男は、私に突進してきた。私は、柔道の経験があったので、その男の足を払い、倒れた男の首を抑えながら寝技に持ち込み、周りの人に「みなさんこの男を抑えてください」と叫んだ。同じく出店していた他の店の人も数人応援してくれ、男を抑えてくれた。私は男を抑えながら「おまえを器物損壊の現行犯で逮捕する。」というとその男はバタバタあばれる。しかし、寝技でしっかりと押さえつける。
まもなくして警察官がたくさん来て、男は、警察に連行された。
一般の人が現行犯逮捕したため、私も、警察に呼ばれ、逮捕した様子をこと細かく聞かれ、その日の午後の販売はできなくなった。夕方、警察から店に戻ると、店の商品がほとんど売れていた。女性スタッフに尋ねると、「他の店も、あの男には困っていて、二本松農園が捕まえてくれたので、感謝して、他の店の人が野菜を買ってくれた。」とのこと。
数多い販売をやっていると、このように色々な事が起きるのである。

 2011年夏、福島産の桃は風評被害の真っただ中にあった。ある夜、こんな出来事があった。
 いつもように私が二本松農園の事務所で仕事をしていると、お父さんとお母さん、小学生の女子二人、計4人の家族が事務所を訪ねてきた。聞くところによると「県北の桑折町で桃の専業農家をしているが、風評被害で桃がまったく売れなくなってしまった。何とか助けて欲しい、」とのこと。私が、女の子に「お父さんのつくった桃はおいしいかい?」と聞くと、その女の子は「お父さんのつくった桃はすごくおいしいの!でも、売れなくて困っている。」と明るい声で応え、ワイワイと事務所を走り回る。その女の子の首には、学校で配られた積算放射能測定機がかけられていた。
私は「そうか、そんなにお父さんが一生懸命作っておいしい桃が売れないなんて、おかしいよね。おじさんがたくさん売ってやるからね。」というと、その女の子は、またワイワイと喜ぶ。
さっそく、ネットショップに載せるために写真を撮る事にした。家族4人がそろい、女の子が桃を持って、ニコニコしている写真を撮った。
商品の名前は、「お父さんがつくった、おいしい桃」とした。この頃、ネットショップのブレーク状態は終息していたため、ネットショップの売上だけでは多数の販売は期待できない。この時、東京にある会社から、福島支援ということで、数千ケースの桃の注文が入っていたので、このうち500ケースを、この家族に注文する事にした。これにより、この家族はこの夏、風評被害を乗り切ったのである。
 
 2011年の夏、私は、スタッフとともに、東京で桃と農園のきゅうりを中心に売りまくっていた。しかし、夏の東京はすこぶる暑い。2日間の販売の時などは、夜、桃や野菜を冷やすために、ワゴン車のエアコンをかけ、車の中で仮眠する生活を続けていた。
そのような時、販売会場に、新宿にお住いのKご夫婦が訪ねてきた。その奥さんが私に「齊藤さんの活動はテレビで良く見ています。ネットでも二本松農園のきゅうりを買っているけど、すごくすごくおいしいの。ところで、東京に販売に来た時、夜はどこに泊まっているの?」と聞かれたので、
「野菜の鮮度が落ちるといけないので、車のエアコンをかけて、野菜と一緒に車の中で寝ています。」と言うと、その奥さんは「それは大変ね。だったら、うち新宿に事務所があって、エアコンもきくので、そこを使いなさいよ!お風呂もあるわよ。」とのこと。私は、東京で事務所を貸していただけるなんてうれしくて「いいんですか?ぜひ、お願いします。」と言った。
さっそく次の週から新宿の事務所を貸していただける事になった。
このKご夫婦は、ビルメンテナンスの会社を経営されており、その事務所も、メンテの掃除用具がある倉庫の奥にあった。
六畳の部屋にはエアコンがあり、隣にはお風呂もあった。
野菜や桃を部屋に入れると、六畳の部屋には、スタッフが一人分しか眠るスペースがとれないので、残りのスタッフや私は、部屋の外の廊下で仮眠をとった。でも、お風呂があるので、サッパリとした感じで、車の中で寝ていた頃とは、夢のようにありがたい世界である。野菜や桃の鮮度も保つ事ができる。
部屋に野菜や桃を入れてエアコンをつけ、がんがんに冷やして、部屋の電気を消した時、その奥さんが見に来た。「齊藤さん、きゅうりや桃さんが、スヤスヤ気持ちよさそうに眠っているネ。」と。私も「ありがとうございます。きゅうりや桃が気持ちよさそうです。」と言い、二人で笑った。
とても、とてもありがたかった。
風評被害の元である東京には、逆にこんなにも親切な人がいる。福島県の野菜をとてもおいしいとも言ってくれる。
ただただ、ありがたい、という気持ちだった。

(さらなる風評被害)
 秋になった。福島県の水田も黄金色に輝き、実りの秋である。「福島の軌跡」により、収獲された米からも、放射能はほとんど検出されない。二本松農園産のコシヒカリを検査しても、最高でも15ベクレル程度で、規準の30分の1程度である。
稲刈りを終え、二本松農園では、東京でこの米を販売していた。
福島県でも県知事が、福島県産の米の「安全宣言」をした。それから1週間後、なんと、基準の500ベクレルを超える福島県産米が発見されたのである。
知事が安全宣言したのに、規準超過米発見。これは、大きく報道された。
その基準超過米が発見された水田は、二本松農園から原発方向にわずか5キロしか離れていない場所であった。
国民の間に「知事が安全宣言した後に基準を超える米が出るなんて、福島県の検査体制はいったいどうなっているんだ。」という思いが広がった。
実際、東京で販売していても、こんな事は今までなかったのに、お客様から「基準を超える米が出たのよね。」と言われるようになり、米や野菜の売れ行きが急に悪くなった。私は、「県のピックアップ方式の検査はもう信用されない。自分で放射能を検査できる体制をつくるしかない。」と強く思った。
東京販売から帰り、私は、すぐに、福島市にある市民放射能測定所のH氏に、「どうしても農園の中で放射能を測りたい。貸していただける測定機があったら貸して欲しい。」とお願いした。するとH氏は「1台あります。」とのことだった。
次の日、スタッフとともに、車で福島市まで測定機をとりに行った。機械は、100キロぐらいの重さがある。慎重に慎重に運搬し、農園の事務所に設置した。
私にとって、この測定機は宝物のようで、それからは、ネットや東京で販売するもののすべてをこの測定機で測ることができた。
販売していても「農園内に放射能測定機を持っていて、すべての販売品を測っています。」と言うとお客様の顔は明るくなり、売れ方も全然違った。
 その後も、二本松市内のマンション建設時に使われた砂利から放射能検出、福島牛の肉から基準超過の放射能・・・というように、忘れた頃に次々と問題が報道されると、一旦回復しかけた風評被害がまた逆戻り、一進一退の状況が続くことになる。
 それでも、地道に放射能を測り続ける、これしかなかった。

 風評被害というか、福島県の野菜を食べない風潮は、福島県内の方がかえって強かった。
おじいちゃんおばあちゃんは、孫などの家族に食べて欲しくて野菜をつくっていたのに、それが若夫婦が食べなくなったため、やりがいを失い、農業をやらなくなった高齢者は多い。 
震災前までは、野菜や米をつくり、農協や道の駅に出荷して、わずかばかりの収入、福島県では、これを「ほまじ金」というが、それをとって、孫にこずかいをあげる事が、じいちゃんばあちゃんの喜びだったが、観光客も福島県を訪れなくなったため、道の駅でも農産物が売れなくなった。高齢者はやりがいを失い、農業をやめていく。また、ある朝起きたら、一緒に住んでいた若夫婦が孫と一緒に県外に避難してしまった、という話もあった。
この時期、市役所に設置された放射能測定所を訪れたのは、販売農家よりも、高齢の農家が、「孫にこの野菜を食べさせて大丈夫か?」ということで測定を依頼することが多かったのである。
近所のおばあちゃんと話をしたことがある。そのおばあちゃんは「齊藤さん、セシウムというのは不思議だない。(134と137の)2種類があるっていうじゃないかい。」と話していた。80歳近いおばあちゃんが、セシウムの元素の話をする、それくらい、福島県農家は放射能に対峙する必要があったのである。
 
 2011年の冬になった。雪降る中、東京の屋外で販売するのはすこぶる辛い。特に、港区での販売は、障がい者施設の玄関先をお借りして販売していたため、寒風がすごい。そこでテントを張って一日中販売を行う。
金曜日の朝早く、港区に販売に行くスタッフを事務所で見送る。夜9時になっても帰ってこず、夜11時頃ようやくスタッフが帰ってきた。聞けば「雪でお客さんが少なくて、午後4時になっても野菜が売れ残っていたので、夜6時までねばり、声をからして売ったら、ようやくすべて売れた。」とのこと。スタッフの持ち帰った金庫には、10万円の売り上げが入っていた。風雪の屋外で、1日でこれだけの売上を上げる事がどんなに大変なのか、私にはよく分かる。それでもスタッフは、明るい顔で、「初めて港区で10万円を超えた!」と喜んでいた。人と話をするのが苦手で、就職できなかったI君は、もうすっかり、お客様と話ができるようになり、明るくなった。
ほんと、二本松農園のスタッフは、いいやつばかりだった。この若者たちとず~と一緒に仕事をしていきたいと・・・と思っていたが、現実はそう甘くない。それから、約3ケ月後、農園スタッフも含め全部で19名のスタッフ全員を失う事になるのである。

(架設住宅への販売)
 二本松市には、約3000人の浪江町民が避難し、架設住宅で暮らしている。二本松農園の事務所の近くにも、元小学校跡地にたくさんの架設住宅が建っている。隣接する本宮市、三春町、福島市、郡山市にも原発周辺から避難されている方々がたくさん住んでいる。
 東京への販売は、水曜日の多摩市、金曜日の港区、日曜日の吉祥寺をはじめとするカトリック教会の週3日であるため、その合間に、県内の架設住宅への農産物販売を行う事にした。
 これの中心は、神奈川県厚木市出身で、震災後、南相馬市などにボランティアで訪れていたK女子。2012年1月から、二本松農園の販売スタッフとして働いてもらう事になった。27歳ということでまだ若いが、神奈川ではトラック運転手をし、お母さんと二人暮らしの家計を支えており、明るくしっかりとした女子であった。私が、「架設住宅の販売をやってもらえるか?」というと「いいよ!」ということで、雪の中を販売してくれていた。
夕方「齊藤さん、今日は7000円しか売れなかったよ・・・。」と雪で冷たくなったお金を握りしめてさみしそうに帰ってくる。私が「大丈夫!県内の販売は交通費があまりかからないし、それに、架設住宅への販売は、避難している人と仲良くなって、心を癒してあげる、ということも大切だよ。」というと、K女子は明るくなり「そうなんだ。がんばるよ!」と必ず言う。いいやつだった。
K女子は、最初、川崎で私が販売を始めた頃、ボランティアとして来てくれたのが始まりだった。母子家庭で苦労して育ったが、「かあちゃんを助けるんだ。」ということで、トラックの運転手をしたり、夜の飲食店で働いたりしていたが、震災後は、南相馬市の海の近くで「洗浄ボランティア」ということで、津波で流された写真を一枚一枚拾い集め、洗って、持ち主に返すというボランティアをしていた。
 ある日の夕方、Kから電話がかかってきた。「齊藤さん、お願いがあるんだ・・・。今、三春町にある川内村の架設住宅に来ているんだけど、子猫が捨てられていて、とてもかわいいんだけど、持ち帰ってもいいかなあ。」との事、事務所は借りていたため、猫を持ち込むのはちょっと・・・、と思ったが、「とりあえず、連れてきたら。」と言った。
まもなく、Kが子猫2匹を連れて事務所に帰ってきた。「齊藤さん、かわいいでしょ?事務所で飼いたいよ。」と私にお願いする。私は「じゃ、外で飼う」ということでOKした。 
私は、段ボールで急きょ、猫小屋を作り、その小屋に「猫の架設住宅」と名前を書いた。Kは「猫の架設か、おもしろいじゃん。ところで、猫の名前は何にする?」というので、二人で考えた。どちらも子猫で白くてかわいいのだが、一匹は真っ白、もう一匹は目の周りが、茶色くなっており、まるで狸のようだったので、「シロ」と「タヌキ」という名前にする事にした。
Kは「わーい、シロとタヌキか、かわいい。」ということではしゃぐ。それからは、シロとタヌキが二本松農園販売チームのマスコットになった。
(石巻)
季節は戻るが、2011年のある夏の日、私は、石巻の津波被災地を訪ねた。ネットで募金を募り、それで、福島県の野菜を三陸や宮城県沿岸の津波被災地に送っていたが、ある時メールが入り「支援のため送られて来る野菜を、被災者ではなく、自分の経営する居酒屋で使っている。」との内容であった。私が、送っているNPO団体に確認のため電話をすると、NPOの方は「実は、一緒に活動していたスタッフが辞め、当NPOを批判しているもので、支援いただいている野菜類は、小学校の給食や、津波被災地で配布している。」とのことだったが、私は「私も、全国から善意で募金を受け、野菜をお送りしているので、それが適切に使われているかどうか確認する義務があると思っている。現場にお伺いし確認したい。」と言い、野菜を主に送っている石巻市に向かう事にした。
朝、二本松市を出発し、東北自動車道を北上、石巻市にはお昼前ころ到着した。そこは石巻市の市街地から15キロほど北部の、北上川が太平洋に流れ込む地域で、川の両側には山がある。その内陸側から北上川沿いを太平洋に向かって車を走らせていると・・・、津波に流された家の土台と、今だに陸に打ち上げられた漁船が放置されている。海からは、10キロも離れているのに、ここまで船が流されているなんて・・・。北上川沿いの両側に山がそそり立っているため、川を逆流したきた津波は、広がる場所もなく、陸地の奥へ奥へと流れ込んだものであった。当然、津波も高かった事が予想される。
そんな荒涼とした風景を見ながら車を進めると、左手に小さな小学校が見えてみた。ここが、目指す場所である。
小学校の駐車場に車を停めるが、なんとなく、夏なのに草などの緑が少ない。聞くところによると、この小学校の2階部分まで津波が来た影響だった。
私が車を降りると、一人の女性が近寄ってきた。「お待ちしていました。震災後、ボランティアをやっているものです。」とのこと。
一緒に小学校の体育館に行くと、そこではやはり、東京から来たのであろうか、ボランティアの方々が児童を前に演奏会をやっていた。「齊藤さん、これが今日の給食のスープです。」とプラスチックのカップを渡された。中には、コンソメ風のスープと、さみしげに、玉ねぎが2~3切しか入っていなかった。私がそれを飲んでいると、ボランティアの女性の方が「この辺の津波被災地では、このように野菜が不足しています。なので、二本松農園から送ってもらっている野菜は非常に助かっています。たとえば、送らてくるきゅうりは、給食に使わせていただいたり、浅漬けにして、被災者に配ったりしています。」とのことだった。
ボランティアの代表の方と一緒に校長室へ。校長から津波の時の様子などを聞く。
「この地区には北上川沿いに二つの小学校があったが、いずれも津波の直撃を受け、多数の児童と先生が亡くなった。児童が津波で何キロも流され、木にしがみついているところを助けられたケースもあった。この小学校でも、屋上に児童と先生が避難し、そこで一夜を明かした。」とのこと。
私が「全国からの募金で野菜を時々送らせていただいています。それは、給食で使われていますか?」と質問すると、校長は「たしかに使わせていただいております。現在、青物野菜が不足し、児童の給食は、魚類が中心となっているので、お送りいただいている野菜は非常にありがたい。また、このボランティアの方々の活動にも感謝している。」とのことであった。私は、校長に「こちらに来てみて、津波で大変な被害を受けたこと。そして今でも野菜が少なくて苦労されていることが良く分かりました。今後とも野菜を送らせていただきます。」と言った。
 校長室を出ると、先生と子供たちが私に集まってきた。ボランティアの女性が「この人が
福島県の農家の方で、きゅうりなどを送ってくれている人ですよ。」と言うと、子供達が一斉に「ありがとうございます。」と元気に言ってくれた。
私は、「来て良かった。」と思いながら、校舎をあとにした。
振り返ると、夏空に小学校。その前の校庭からは、砂ぼこりが空へと舞いあがっていた。

(宅配事情)
このように、全国からの募金により、宮城・岩手県の津波被災地に、福島県の野菜を送っていたが、宅配事情は会社によって違っていた。
Y会社は、沿岸の流通施設が津波に流されたところもあったため、なかなか、三陸沿岸へ届けるのは難しかったが、S会社は、「何とか、津波被災地に物資を届けたいので、ドライバーが三陸まで入って行っています。」ということで、届けてくれていた。頼もしかった。 
野菜を送る先も、良く確認する必要があった。ボランティア団体の事務所に送ればいいのだが、その事務所の拠点はいったいどこなのか、ボランティアが作業で不在の事も多いので、二本松農園スタッフは、頻繁に現地と携帯電話でやりとりをして、送る場所を決めていた。

(経営危機)
 2012年の年が明けた。相変わらず、スタッフ12人による東京での販売と、架設住宅への販売は続けていた。しかし、福島県の場合、2月から4月頃までは雪が降り、売る野菜や果物はほとんどなくなる。少しの野菜と、果物はリンゴ、そして、ゆべしや味味噌、豆菓子などの加工品、そして米などを販売していた。しかし、売るものが少ないので、売上は夏の3分の1程度となった。それでも、二本松農園の販売スタッフは、雪の中を、吉祥寺、目白、多摩、港区に販売を続けていく。朝4時に出発して、雪の中を販売し、夜10時頃二本松の事務所に帰ってくる。雪の中、東京の屋外で販売してくるので、スタッフはくたくた。でもスタッフは愚痴ひとつ言わず、明るく販売を続けてくれていた。東京から帰って来ると、みんなで売上の精算を行う。1号車、吉祥寺の売上10万円、2号車、目白の売上4万円というように。東京まで行くには、ガソリン代や車のリース料がかかる。販売するものも、自分の農園のものではなく、県内農家のものを仕入れていくため、販売利益は少ない。交通費を差し引くと手元には、ほとんど現金が残らなかった。
冷静に考えれば、福島から東京まで、たくさんのスタッフを使って、車で農産物を販売に行くというのは、採算をとるのは難しい、という事は分かる。しかし、何とか、風評被害で苦しむ福島県の野菜を、東京に持っていきたかった。東京では、福島県の野菜を待っていてくれる、たくさんの人たちがいる。そんな思いで東京販売を続けてきた。東京販売を始めてまもなくから、「これは採算をとるのは難しいなあ。特に冬をどう乗り切っていけばいいのか・・?」とは考えていた。しかし、「後には引けない。続けるしかない。」ということで、採算性には目をつぶり続けてきた。
 東京販売のスタッフの給料は、県の緊急雇用対策の委託事業でまかなっていた。その事業も2012年3月で終了となる。4月以降、スタッフの給料を払える見込みがたたなくなった。スタッフがいなければ販売を続ける事はできない。

 2月下旬、東京都北区で環境団体の集会に呼ばれ、講演を行う事になった。講演までの3時間、私は、近くの公園にいた。ベンチに座り、ボ~と庭を眺めて夢遊病者のようになっていた。どうしていいか分からない。何も行う気力も湧かなくなっていた。
 講演を終え、遅くなったので、さいたま市に借りていたアパートへ。このアパートは、冬の間、もし、スタッフが雪で東京から帰れない事があるといけないと思い、借りていたものであった。アパートに入って電気を点けようとしても点かない。電気料の滞納でとめられていた。暗くて寒いアパートで一夜を明かした。「この先どうなるんだろう。」頭がぼ~として何も考えられなくなっていた。この時あたりから「死」という考えが頭に浮かぶようになっっていた。

(死への旅)
 3月上旬、私は、二本松市から南に向かって車を走らせていた。行くあてはない。でも、なぜか東京に向かっていた。ここ1年、東京をはじめとして全国の方々に応援いただいた。私にとって、東京はふるさとのようで・・・そんな思いだったのだろうか。夢遊病者のように国道4号線を南下していく。夜9時頃、さいたま市のアパートに着いた。電気を止められたアパートで、うつらうつらとして過ごした。朝8時、また車を走らせて千葉の方に向かった。幹線道路ではない。狭い道を走っていた。でも目的地はない。次の交差点を右にいくのか左にいくのかも決まっていない。どうしていいか分からない。人間、目的がないことほど辛いことはない、とこの時思った。
 アクアラインに入った。海ほたるの手前あたり。冬の海は大きな波しぶきをあげている。
「ここから飛び込めば」と思い、スピードをあげて左にハンドルを切ろうとするが、そこまでの勇気はなかった。
逗子あたりだったと思う。大きな立体駐車場があったので、そこの3階に車を停めた。一夜をその駐車場で過ごす。ワゴン車の後ろにうずくまり、やはり意識はもうろうとしていた。 
次の日の朝がきた。なぜか、お腹が少しすいてきた。気が付けば、福島を出て2日、何も口にしていなかった。「でも、死ぬ人間が食べ物を食べる意味があるのだろうか?」などと思いながらも・・・駐車場を出て、近くの牛丼屋に入った。
箸が重く感じられるが、米を食べているうち、なにか力がわいてくるような気がした。
「もう一度やってみるか。」という気持ちが出てきたのである。

車は、福島の方に向かっていた。2日前から電源を切っていたスマホの電源を入れる。
たくさんのメールが入ってくる。娘から「パパどこにいるの?みんな心配しているよ。」
とのメールが目に入った。スマホをとり妻に電話をかける。すぐに妻が出る。妻は声にならなかった。私が「今、東京にいる。これから帰るよ。」というと、妻は泣きながら「今、神様のところに来ているの。家族みんなで、パパを助けてください、とお祈りしていたの。」
と。
 夕方、二本松に着いた。心配して、スタッフと知り合いが事務所に来ていたとのことであるが、私が到着する前に、気を使ってみんな帰宅していた。
 妻と娘と息子が、事務所で待っていた。娘が「パパ、私、アルバイトでも何でもしてパパを助けるから。」と言っていた。その晩は、久しぶりに枕を並べて家族4人寝た。

(スタッフ全員に解雇通告)
 次の日、農園スタッフ19人を事務所に呼び、私は、土下座をしながら「申し訳ない。私の力不足で農園を維持する事ができなくなった。4月以降給料を払える見込みがない。3月末をもって雇用を終了させて欲しい。」と言った。なにも、全員を解雇する必要はなかったのかも知れないが、私の気持ちとしては、スタッフ皆、一生懸命やってくれていたので、このスタッフを残し、このスタッフは解雇というような選択はできなかったのである。私の話を聞き、スタッフは私を責めることなく、だまって部屋を後にしていった。

(最後の販売)
 2012年3月26日、東京販売の最後の日となった。夜、スタッフが東京から帰ってきて、いつものように売上を数えた。私は「もう、つり銭の小銭は使わないので、みんなで分けて欲しい。」というと、みんなは「ありがとうございます。」と明るくワイワイやりながら小銭を分けていた。事務所を出ていく時も、私を責めるような事はなく、みな「お世話になりました。」と。「ほんとうにみんな御免な。」私が言える唯一の言葉だった。

 厚木市から移り住んで販売スタッフとなっていたK女子を、郡山駅まで車で送っていった。車の中で私が「K 本当ごめんな。」というと、「本当そうだよ。せっかく架設の人とも仲良くなったのに。」と明るく答える。郡山駅の前で見送り、これですべてのスタッフはいなくなった。

(タヌキの死)
 3月下旬の夕方、事務所前の道路に、例の猫、シロとタヌキのうちタヌキが倒れていた。車にはねられたらしい。体はまだ温かいが、ぐったりとして口からは血をはいていた。
 「Kがかわいがっていたタヌキ、何とか目を開けろ。」と私は思ったが、だんだん冷たくなっていく。「猫の架設住宅」に寝かせ。毛布をかけた。
 次の日の朝、すっかり冷たくなったタヌキを抱え、私は、二本松農園の高台に立っていた。
福島第一原発からちょうど50キロ。その土は1000ベクレルの放射能で汚染されているが、「福島の奇跡」で作物から放射能は出ない。
私は、その畑の脇の一番日当たりの良い場所で、農園が一望できる場所にタヌキを埋める穴を掘った。3月下旬なのに、凍って固い土。それでも、スコップで堀り、その穴にタヌキをそっと置いた。
「タヌキも死んだ。スタッフも全員いなくなった。でもここから始めるしかない。」
振り返ると、村の水田が見える。雪も消え、田植えの時期が迫っていた。(第4話につづく)





 


スポンサーサイト
  1. 2019/01/20(日) 09:21:37|
  2. 二本松農園の1000日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スタディファーム~福島を語る~【第3回】 | ホーム | 世田谷「ボロ市」で出張販売 1月15日・16日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nihonmatufarm.blog65.fc2.com/tb.php/850-63e9207f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

二本松農園

    follow me on Twitter

    月別アーカイブ

    プロフィール

    福島県二本松市の里山ガーデンファーム・二本松農園です。 長年きゅうりを作ってきましたが、2010年4月からWEBショップ、きゅうりもぎ取り体験も始めました! ブログ担当スタッフSは福島初心者です。 日々の発見を綴っていこうと思います。

    【福島県】里山ガーデンファーム 二本松農園 代表 齊藤登

    Author:【福島県】里山ガーデンファーム 二本松農園 代表 齊藤登
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    カテゴリ

    レシピ (13)
    二本松農園 (185)
    未分類 (34)
    震災 (231)
    被災地支援きゅうり (94)
    仮設住宅 (1)
    取材 (4)
    ネットショップ (103)
    イベント (22)
    がんばろう福島、農業者等の会 (40)
    NPO法人福島県有機農業ネットワーク (4)
    お客様からの声 (3)
    たくの実 (5)
    スタディファーム (18)
    福島県の知識 (1)
    3Fシステム (1)
    オックスファム トレイルウォーカー (1)
    二本松農園の1000日 (3)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR